編集協力をした記事「産後すぐひとり親に。ボロボロの体と心を見つめ直したら、人生が変わった。産後ケアを行う「マドレボニータ」吉岡マコさん」が公開されました。

人の持つ可能性が広がる瞬間を伝えていくメディア・soarにて、編集協力をした記事が公開となりました。産後ケアを行う「マドレボニータ」吉岡マコさんへのインタビュー記事です。

産後すぐひとり親に。ボロボロの体と心を見つめ直したら、人生が変わった。産後ケアを行う「マドレボニータ」吉岡マコさん | soar(ソア)

9年前、初めてのお産を体験したとき、私は小さくあたたかい赤ちゃんを胸に抱きながら、ただただ感動していました。柔らかくてほやほやしていて、あくびをしたり伸びをしたり、可愛い声で泣いたりする赤ちゃんは、どれだけ見つめていても飽きませんでした。 同時に、出産から3日間、昼も夜もなく続いた授乳を経て、寝不足で見たピンク色の朝焼けを前に、途方も無い不安と心許なさに襲われたのを覚えています。 赤ちゃんが生まれてきてくれたことは本当に嬉しい。そして幸せなはずなのに、一方では震えるような不安にさいなまれる自分もいたのです。すぐに壊れてしまいそうなこの生き物を、これから私は母親として守っていかなくちゃいけないんだ、今までとはすべてが変わってしまったんだ。 そう思うと、ブルブルと震えがくるような気がして、なぜか涙まで出てきました。体のあちこちが痛く、重くよろよろとする足で、不安の中、赤ちゃんを抱いて立ちすくんでいました。 同じように、母親になったら、今までの自分の生活や仕事がすべて変わってしまうのではと考える人は多いかもしれません。「赤ちゃんが生まれたら、お母さんはとにかく大変だよ。赤ちゃんがかわいいからなんとか乗り越えられるけどね」なんていう"先輩"たちの漠然としたアドバイスに、余計出産への不安が募るという人もいるでしょう。 そんな方にこそ、知ってほしい女性がいます。産前から産後までの様々なケアサービスを届ける認定NPO法人マドレボニータ代表理事、吉岡マコさんです。 「正しい知識と周りの適切なサポートを得て産後を過ごせば、出産は女性にとって、よりポジティブなものになるはず」という考えのもと、吉岡さんは産後女性を支える活動を続けてきました。 活動の中心は、バランスボールを使った産後エクササイズ教室の運営です。ただしマドレボニータが提供するのは、産後ダイエットや体づくりのための運動だけではありません。出産の変化に戸惑う女性たちの、心のケアも同時に行なっているのが特徴です。 産後は、その後の人生に大きく影響する大事な時期。ここで心と体をきちんとケアすることによって、良い意味で人生が変わっていくとおっしゃる方はすごく多いです。一番大変な時期を、パートナーと協力して過ごし、周囲からきちんとサポートを受けられたら、パートナーとの絆も強くなるし、周囲との関係性もより豊かになります。

soar