お知らせ

人の持つ可能性が広がる瞬間を伝えていくメディア・soarにて、編集協力をした記事が公開となりました。産後ケアを行う「マドレボニータ」吉岡マコさんへのインタビュー記事です。

産後すぐひとり親に。ボロボロの体と心を見つめ直したら、人生が変わった。産後ケアを行う「マドレボニータ」吉岡マコさん | soar(ソア)

9年前、初めてのお産を体験したとき、私は小さくあたたかい赤ちゃんを胸に抱きながら、ただただ感動していました。柔らかくてほやほやしていて、あくびをしたり伸びをしたり、可愛い声で泣いたりする赤ちゃんは、どれだけ見つめていても飽きませんでした。 同時に、出産から3日間、昼も夜もなく続いた授乳を経て、寝不足で見たピンク色の朝焼けを前に、途方も無い不安と心許なさに襲われたのを覚えています。 赤ちゃんが生まれてきてくれたことは本当に嬉しい。そして幸せなはずなのに、一方では震えるような不安にさいなまれる自分もいたのです。すぐに壊れてしまいそうなこの生き物を、これから私は母親として守っていかなくちゃいけないんだ、今までとはすべてが変わってしまったんだ。 そう思うと、ブルブルと震えがくるような気がして、なぜか涙まで出てきました。体のあちこちが痛く、重くよろよろとする足で、不安の中、赤ちゃんを抱いて立ちすくんでいました。 同じように、母親になったら、今までの自分の生活や仕事がすべて変わってしまうのではと考える人は多いかもしれません。「赤ちゃんが生まれたら、お母さんはとにかく大変だよ。赤ちゃんがかわいいからなんとか乗り越えられるけどね」なんていう"先輩"たちの漠然としたアドバイスに、余計出産への不安が募るという人もいるでしょう。 そんな方にこそ、知ってほしい女性がいます。産前から産後までの様々なケアサービスを届ける認定NPO法人マドレボニータ代表理事、吉岡マコさんです。 「正しい知識と周りの適切なサポートを得て産後を過ごせば、出産は女性にとって、よりポジティブなものになるはず」という考えのもと、吉岡さんは産後女性を支える活動を続けてきました。 活動の中心は、バランスボールを使った産後エクササイズ教室の運営です。ただしマドレボニータが提供するのは、産後ダイエットや体づくりのための運動だけではありません。出産の変化に戸惑う女性たちの、心のケアも同時に行なっているのが特徴です。 産後は、その後の人生に大きく影響する大事な時期。ここで心と体をきちんとケアすることによって、良い意味で人生が変わっていくとおっしゃる方はすごく多いです。一番大変な時期を、パートナーと協力して過ごし、周囲からきちんとサポートを受けられたら、パートナーとの絆も強くなるし、周囲との関係性もより豊かになります。

soar

光文社の書籍メディア「本がすき。」で、ブックレビューを書かせていただくことになりました。ヤングアダルト、ジュブナイル系を中心に紹介していけたらと思っています。

"混沌"の時代を戦いぬくために、今こそ読むべき傑作ヤングアダルトーーカーネギー賞受賞『混沌の叫び』三部作 | 本がすき。

『混沌の叫び1 心のナイフ』東京創元社 パトリック・ネス/翻訳 金原瑞人・樋渡正人 シリーズ小説の1巻だけを図書館から借りて帰り、家で読み終えたあと「続きが手元にないっ!」と気づいて絶望することがたまにある。そういうときの苦痛はほとんど拷問。「早く明日になってくれ~!」と頭の中で叫びながら一夜を明かすのであった。 『混沌の叫び』三部作(パトリック・ネス著/東京創元社)は、私にそんな拷問を味あわせた思い出深いシリーズ。イギリス本国ではカーネギー賞をはじめ多数の受賞に輝いたヒット作で、来年には映画も公開となる。ヤングアダルトと呼ばれる若者向け小説だが、もちろん大人が読んでも問題なく面白い。 まず関心を引かざるを得ないのは、なんといってもその風変わりな世界設定だ。この小説の舞台である惑星ニュー・ワールドには、ある奇病が蔓延している。それは、人間の考えが"ノイズ"として、文字と音の両方でその人の身体から垂れ流され続けてしまうというもの。嘘は無意味だし、エグい性的欲望も全部垂れ流し。異様な世界だが、人々はそれに良くも悪くも慣れきってしまい、他人の醜い内面をなんとなく無視しながら、虚ろに日々を過ごしている。 なるほどSNS時代へのアイロニーか、と思いきや、この小説が発表されたのは2008年、世界的に言ってもまだSNS時代黎明期である。ネスの感性の鋭さが感じられる設定だと言えよう。 話を戻すとこの奇病、「女性を殺す」という特性も持っている。故にこの世界の女性は死に絶えており、この先人類が繁栄する見込みはない。 主人公トッドは、そんな不毛の世界における"最年少"の少年である。彼もまた、世界に対して何の希望もなく大人になっていく……はずだったのが、ある日を境に運命が激変。なんと、この世界にいるはずのない「少女」ヴァイオラに出会ってしまったうえ、ひょんなことから町中の大人たちに命を狙われるハメになったのだ。 大人たちはなぜトッドを殺そうとするのか、ヴァイオラがこの星に送り込まれた理由は?

本がすき。

日経BP総研とSansan株式会社が共同で企画・制作するWebマガジン、DIGITALISTでコラムの連載が始まりました。もはや「当たり前(あるいは過去の遺物)」と化したネット上のいろんな作法や言葉や概念について、改めて考える連載です。

雑誌「月刊サイゾー」10月号で、コラム連載「薔薇族回顧譚」が始まりました。日本初の商業ゲイ雑誌「薔薇族」を創刊した編集者・伊藤文學氏に、「薔薇族」とその他ゲイメディアのあゆみについてお聞きしていきます。

8/24・25上演のタンゴコンサート、日亜修好120周年記念公演『Todos del Tango Verano 2018』(日本語名「タンゴのすべて」)のパンフレットにエッセイを寄稿しました。また、そのパンフレットに収録される、元雪組トップスター水夏希さんとプロデューサー・高橋まさひと氏の対談の構成もさせていただいています。